*

Basic 001 これは接続出来ますか?

   

機器間の接続が出来るものと条件を挙げて行く。


可能
MIC ⇒ MIC IN
PHONO ⇒ PHONO IN
LINE OUT ⇒ LINE IN
HEAD PHONE OUT ⇒ HEAD PHONE
SPEAKER OUT ⇒ SPEAKER


条件付きで可能
LINE OUT ⇒ MIC IN
抵抗入りコード等でレベルを下げる
民生機ではLINE INで受けるより劣化する場合が多い

HEAD PHONE OUT ⇒ LINE IN
ノイズや歪みが無ければ、概ね問題が少ない事が多い
電源ON/OFF時に大きなポップノイズが入る場合がある

HEAD PHONE OUT ⇒ MIC IN
抵抗入りコード等でレベルを下げる
民生機ではLINE INで受けるより劣化する場合が多い

SPEAKER OUT ⇒ HEAD PHONE
トランスや抵抗を使ってマッチングをさせる
BTL出力の場合はマイナス端子を必ずセパレートさせる事

SPEAKER OUT ⇒ LINE IN
トランスでマッチングさせる
BTL出力の場合はマイナス端子を必ずセパレートさせる事

SPEAKER OUT ⇒ MIC IN
トランスや抵抗を使ってマッチングをさせる
BTL出力の場合はマイナス端子を必ずセパレートさせる事

※SPEAKER OUTからの信号の取り出しは楽器ではDI(ダイレクトボックス)で行う


緊急時のみ
PHONO ⇒ MIC IN
アースをボディーの金属部分に仮接続し、
トーンコントロールでBASSを最大、TREBLEを最小に

PHONO ⇒ LINE IN
アースをボディーの金属部分に仮接続し、
トーンコントロールでBASSを最大、TREBLEを最小に
音量が全く上がらないので、入力切り替え時に注意

HEAD PHONE ⇒ MIC IN
音量がかなり下がり音質も悪いが、マイクの代用に出来る場合がある


機器が損傷する可能性あり
LINE OUT ⇒ SPEAKER
回路設計によるが、壊れる場合がある

HEAD PHONE OUT ⇒ SPEAKER
回路設計によるが、壊れる場合がある
スピーカーのインピーダンスが高い場合は、小さい音量で使用可能


しっかり接続して、音楽を楽しんでほしい。

The following two tabs change content below.
谷原 寿栄

谷原 寿栄

1968年生まれ 音楽業界で29年 ミックス/マスタリングエンジニア オーディオ製品開発のアドバイザー 趣味はオーディオとクルマ
谷原 寿栄

最新記事 by 谷原 寿栄 (全て見る)

 - Basic Howto